ホントは教えたくない資産運用のカラクリ3 錬金術入門篇 – 安間 伸

錬金術入門篇などとインチキ臭過ぎるタイトルに反して内容は極めてまっとう。こじかがこれまで500冊ほど読んだ金融・資産運用本の中でベスト5に入る良書です。

錬金術 ≒ 裁定取引

こじかはこの本で裁定取引を知りました。

日経225先物のラージ・ミニ裁定取引、外国為替スワップ金利裁定取引、等々過去に様々な裁定取引で資産運用してきました。今後は金融商品だけでなく不動産や税を対象に裁定取引を目論んでいます。

なお、出版は2005年と非常に古いため個々の内容はすでに賞味期限切れのものもありますが、考え方自体は今でもそしてこれからも通用すると思います。

 

「ホントは教えたくない資産運用のカラクリ3 錬金術入門篇」 2005年出版
「ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 2016」 2015年出版

シェアする

フォローする