入出金環境の激変

宅建士の受験勉強に集中するため、8月・9月・10月と三ヶ月間トレードを中止ししており、その間に海外FXの入出金環境が激変していることに気が付きませんでした。激変の内容はすでに多くのブロガーが記事にしており、周知の事と思います。

受験勉強に集中しすぎて、Skrill(スクリル)が日本から撤退したことも、NETELLER(ネッテラー)がギャンブル目的の決済サービスを停止したことも、10月も下旬になってから認識した次第です。まさか、個人的事情で中止した三か月の間にこれほど環境が変わるとは思いもしませんでした。

最近は対応するFXブローカーが増えWebサイトも日本語化されているNETELLER(ネッテラー)を贔屓にしていたため、Skrill(スクリル)は残高ゼロでした。幸運にも無傷で済ましたが、大きな資金を残したまま引き出し期日を過ぎていたらと想像すると、ゾッとします。

FXの入出金はこれまで通り利用可能はずのNETELLER(ネッテラー)ですが、過剰反応した一部のブローカーはNETELLER(ネッテラー)の入出金まで停止するとアナウンスしたり、不安定な入出金環境となっています。

マイナンバー証明書の提出アラート

NETELLER(ネッテラー)にログインした時にマイナンバー証明書の提出についてアラートが表示されました。これも、まさに寝耳に水。NETELLER(ネッテラー)の方も安心とは思えません。いつ全面停止となっても影響が出ないように、これから準備を進めたいと思います。

シェアする

フォローする