FXブローカー比較2017年10月

2017年11月1日の記事(FX自動売買2017年10月)で寸評したように、今月のSteady Winnerは、稼働するすべての口座でプラス着地となりました。

仮説

24時間スキャルピングEAを「リアル口座」で稼動させ、同ロット換算した「金額の取引結果」を比較することで、ブローカーの約定品質を明らかに出来る。

検証範囲

  • 検証数量: 0.1ロット(1万通貨)前後
  • 検証品質: メジャー通貨ペアの短期約定能力

数量、品質共に限られた範囲の検証です。10ロットのような大きな数量の約定能力やマイナー通貨のスプレッド、入出金オプションの多寡や顧客サポートは検証に含まれません。

検証方法

EA: SteadyWinner Version 4.22-SmartMM_mod3
取引通貨: EUR/USD
取引口座: リアル口座 (デモ口座は一切使いません)
取引時刻: [月]21時~[金]21時 (日本時間)
集計単位: 一ヶ月

金曜日の21時のポジションは手動で決済します。ポジションを持ったまま週を跨ぎません。

対象ブローカー・取引環境

ブローカー名 口座タイプ 取引Lot 法人口座 IB利用 VPS
MyFx Markets Standard 0.00 JP
外為ファイネスト MT4-ZERO 0.02 JP
OCTA FX Micro 0.00 JP
Titan FX Standard 0.00 JP
OANDA Japan Basic 0.02 JP

VPS JP = 使えるねっとの「FX専用 国内設置VPS」
口座ごとに取引ロットは異なりますが、0.1相当に換算して集計
口座通貨が外貨建ての場合、前月末日の為替レートを換算に使用

0.1ロット取引結果 【単月】

2017年10月の取引結果です(単位:千円)。

0.1ロット取引結果 【一年累計】

過去12カ月間の取引結果です(単位:千円)。

考察

過去一年間の累計ですべての口座がマイナスに沈んでいます。サポート外のGBP/USDを停止するなどの対策をしましたが、マイナスはなかなか縮小しません。

その後さらに不調三口座(TitanFX、OctaFX、MyFxMarkets)を一時中止し、さらなる止血対策を打ちました。

一カ月毎にプラスとマイナスを行ったり来たりの小康状態が続いていましたが、先月・今月プラス着地となり、今年に入って初めての2カ月連続の勝利となりました。

シェアする

フォローする