FXブローカー比較2018年4月

2018年5月6日の記事(FX自動売買2018年4月)で寸評したように、今月のSteady Winnerは、稼働するすべての口座でプラス着地となりました。

仮説

24時間スキャルピングEAを「リアル口座」で稼動させ、同ロット換算した「金額の取引結果」を比較することで、ブローカーの約定品質を明らかに出来る。

検証範囲

  • 検証数量: 0.1ロット(1万通貨)前後
  • 検証品質: メジャー通貨ペアの短期約定能力

数量、品質共に限られた範囲の検証です。10ロットのような大きな数量の約定能力やマイナー通貨のスプレッド、入出金オプションの多寡や顧客サポートは検証に含まれません。

検証方法

EA: SteadyWinner Version 4.22-SmartMM_mod3
取引通貨: EUR/USD
取引口座: リアル口座 (デモ口座は一切使いません)
取引時刻: [月]21時~[金]21時 (日本時間)
集計単位: 一ヶ月

金曜日の21時のポジションは手動で決済します。ポジションを持ったまま週を跨ぎません。

対象ブローカー・取引環境

ブローカー名 口座タイプ 取引Lot 法人口座 IB利用 VPS
MyFx Markets Standard 0.02 JP
外為ファイネスト MT4-ZERO 0.03 JP
Titan FX Standard 0.02 JP
OANDA Japan Basic 0.02 JP

VPS JP = 使えるねっとの「FX専用 国内設置VPS」
口座ごとに取引ロットは異なりますが、0.1相当に換算して集計
口座通貨が外貨建ての場合、前月末日の為替レートを換算に使用

0.1ロット取引結果 【単月】

2018年4月の取引結果です(単位:千円)。

0.1ロット取引結果 【一年累計】

過去12カ月間の取引結果です(単位:千円)。

考察

今月からMyFx MarketsとTitan FXが復帰しました。また、今月から外貨ファイネストのロットを0.01上げています。

外貨ファイネストとOANDA Japanの口座について、過去一年間の月別の勝敗は9勝3敗と大きく勝ち越しています。直近半年は負けなしの6連勝。本来の力を発揮できるようになったかと思います。

シェアする

フォローする