外為ファイネスト 法人口座開設

外為ファイネストに法人口座を開設してみました。

必要書類を土曜日に発送したこともあり、申込日(金曜日)の翌営業日である月曜日には審査完了のメール連絡を受信し、2営業日後から取引スタート可能となりました。OANDA Japanの法人口座開設よりもさらにスピーディーな対応でした。



1.口座開設

2017-2-3(金) Web入力
2017-2-4(土) 必要書類郵送
2017-2-6(月) 審査完了メール受信
2017-2-7(火) 郵便受信

口座開設ページへアクセスすると、個人用と法人用の口座開設ボタンをが表示されます。「法人口座開設はこちら」緑のボタンをクリック。

法人口座開設ボタン

各種規約・約款同意の確認画面が表示されます。すべてのチェックボックスに☑を入れると「口座開設申込みフォームへ」ボタンの色が変わるので、ボタンをクリック。

規約・約款同意の確認
法人口座申込みフォームが表示されます。

法人だからと言って面倒な入力項目があるわけではありません。登記内容を登記簿謄本に忠実に入力しました。代表者情報も運転免許証の通り入力します。

出金用の銀行口座は、ゆうちょ銀行を指定しました(2017-2-8記事)。当然ですが指定する銀行口座は法人名義のものでなければなりません。

電話番号はマイクロ法人専用に準備(2017-3-17記事)した固定電話番号を入力。メールアドレスも新たに準備したco.jp独自ドメイン(2017-3-11記事)のものを記入しました。

資本金は200万円なので、選択項目から100万円以上500万円未満を選択しました。

なお、資本金の項目には50万円未満という選択肢があります。個人的な推測ですが、この項目を選択すると審査の目線は厳しくなるように思われます。一般的に、法人で資本金50万円未満というのは信用できませんから。

2.必要書類(郵送)

1.登記簿謄本(履歴事項全部証明書)の原本
2.代表者の運転免許証のコピー

上記書類を郵送しました。登記簿謄本の原本提出が必要でした。

代表者以外に取引責任者がいる場合は、別途取引責任者の本人確認書類が必要です。

個人口座の場合は運転免許証の画像ファイルを送信すればOKのパターンが多いですが、法人口座の場合は紙で提出となります。この辺が個人の口座開設と違います。

3.審査完了のメール案内

以下の通り審査が完了し法人口座が開設された旨のメールを受信しました。

メール受信の翌日、簡易書留を受信し、取引をスタート可能な状態となりました。

外為ファイネストでございます。
この度は、MT4 ZERO口座開設にお申込頂き、誠にありがとうございました。本日、口座開設が完了いたしました。ご登録の会社所在地に「法人口座開設お申込み完了のご案内」を簡易書留で郵送致し
ます。(1通目)こちらの書類の受領が確認できた時点で、お取引責任者様の現住所へ
お取引用のログインID、パスワードを簡易書留で郵送いたします。(2通目)到着まで今しばらくお待ちくださいませ。(以下省略)

4.雑感

外為ファイネストのパーソナルページは個人も法人も使い勝手に変わりありませんでした。

早速、法人名義のゆうちょ銀行口座からクイック入金してみました。使い勝手は個人口座と全く同じ、FX口座に入金残高が即時反映しました。

これまで外為ファイネストの個人口座を利用してMT4自動売買を行ってきました。法人口座開設を機に個人口座からは資金を引き上げ、3月より、法人口座での運用に移行しました。

法人口座でMT4の自動売買を開始して数日ですが、個人口座のときと全く同じように取引できています。


シェアする

フォローする