GEMFOREXサーバー移行

※ この記事は「こじかの FXリアルトレード」から移設したものです。移設に伴い、内容の一部修正することがあります。


GEMFOREXのサーバーが移行しました。その内容をお伝えしたいと思います。

サーバー移行概要

2015年9月20日(日)にサーバー移行が実施され、翌日9月21日(月)から新環境が利用できるようになりました。

MT4のパスワードは初期値にリセットされました。また、旧サーバーでの取引履歴は新環境には引き継がれず、MT4での閲覧はできません。

MT4パスワードと取引履歴(旧サーバー)はマイページの保有口座一覧で参照することが出来ます。取引履歴(旧サーバー)の閲覧はCSVファイルで提供されています。

新旧サーバー比較

名前 GemForex-Live OZHS-Live-UK
IP 119.81.116.61 31.186.249.140
場所 中国 河北省 UK
Ping (JP) 72 ms 250 ms
Ping (US) 232 ms 78 ms

サーバーのロケーションがUKから中国へ大きく変わりました。新サーバーは日本からのアクセスがよくなり、日本のVPS利用者には朗報でしょう。

旧サーバーは名前からして借り物感満載でしたが、新サーバーの名前は社名になりました。怪しさも大分薄れますね。ただし、カントリーリスクが増大した感は否めません。

Ping (JP)は使えるネット FX専用 国内設置VPSからのPing結果です。
Ping (US)は使えるネット FX専用 米国設置VPSからのPing結果です。

GEMFOREXについて

名称: GEMFOREX
運営: GEM-TRADE Co,Ltd
所在地: 香港

口座概要

口座種別: オールインワン口座、ノースプレッド口座 (※1)
口座通貨: JPY
最低ロット: 0.01
レバレッジ: 1:1000
口座維持手数料: 1,500円 (※2)
大手IB対応: FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)
※1 初回入金100万円以上、最低ロット1、100名限定
※2 1月1日、4月1日、7月1日、10月1日時点で3ヶ月間トレードが無い場合に課金

入出金

方法: クレカ、国内銀行送金、他
手数料: 無料 (ただし、月二回目以降の出金は一件4,500円)

日本語対応

日本語ウェブ: あり (FAQやクライアントエリアも日本語)
電話サポート: あり
日本語メールサポート: support@gforex.asia

ゲムトレード(GEM-TRADE)とGEMFOREX


ゲムトレード(GEM-TRADE)という無料EA提供サービスがあります。2010年にサービスを開始し、現在100種類以上のEAが登録されています。無料の利用者登録によりそれらのEAを無料で利用することができます。

当然のことですが無料といっても条件があります。ゲムトレード(GEM-TRADE)指定リンクからXMやFXDDといった特定のFXブローカーに口座を開設し、その口座でのみ無料提供のEAが動かせるという仕組みです。通常、IB経由で口座開設すればキャッシュバックを得られますが、ゲムトレード(GEM-TRADE)経由で開設した口座のマージンはゲムトレード(GEM-TRADE)に流れます。そのバックマージンを糧にEAの無料提供サービスを運営していると思われます。

そのゲムトレード(GEM-TRADE)を運営する会社が始めたFXブローカーが本記事のGEMFOREXです。しかも、FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)経由で口座開設でき、50,000円以上の入金で無料EAを無制限に利用できます。

こじかは50,000円入金し、Forex Racco 2.7、Freedom 14、Tetra eurusd 1.3と三つの無料EAを利用しています。運用を開始して半年経過しますが、無料なのに成績はなかなかのものです。



シェアする

フォローする