Green Infra Lending 投資案件成立

Green Infra Lending(グリーンインフラレンディング)が募集したソーシャルレンディングの投資案件に三件申込み、三件とも無事成立しました。

2017-4-22記事(Green Infra Lending 法人口座開設)の通り、Green Infra Lending(グリーンインフラレンディング)の口座はマイクロ法人名義の法人口座です。この法人口座には40万円を投入し、今回の案件成立で30万円の資金が投資に回りました。


投資案件

<投資案件1>
ファンド名:【第11弾】メガソーラーローンファンド(第4次募集)
利回り:12.00%
運用期間:8ヶ月
合計投資金額:100,000円
案件URL:https://www.greeninfra.jp/fund/detail?fund_id=254

<投資案件2>
ファンド名:【第1弾】30億円突破記念ローンファンド(第23次募集)
利回り:13.00%
運用期間:12ヶ月
合計投資金額:100,000円
案件URL:https://www.greeninfra.jp/fund/detail?fund_id=264

<投資案件3>
ファンド名:【第1弾】海洋温度差発電(OTEC)事業支援ローンファンド(第6次募集)
利回り:11.00%
運用期間:4ヶ月
合計投資金額:100,000円
案件URL:https://www.greeninfra.jp/fund/detail?fund_id=265

雑感

三つの案件とも非常に高い利回りとなっています。

【第1弾】30億円突破記念ローンファンド(第23次募集)と【第1弾】海洋温度差発電(OTEC)事業支援ローンファンド(第6次募集)については、募集金額に全額応募があり、満額での成立となりました。

一方で、【第11弾】メガソーラーローンファンド(第4次募集)については、募集総額\35,050,000に対して14,420,000の応募があり、達成状況41%ながら成立となりました。

Lucky Bank(ラッキーバンク)では、多くの案件がものの数分で満額の応募金額に到達する状況でしたから、Green Infra Lending(グリーンインフラレンディング)の応募状況はゆったりしたものに感じます。

Green Infra Lending(グリーンインフラレンディング)を提供する株式会社グリーンインフラレンディングは、昨年、平成28年7月21日に設立したばかりの若い会社です。再生可能エネルギー事業に特化したソーシャルレンディングであり、まだまだ信用と認知度は低いのかもしれません。それでも現時点の成立ローン総額は38億円を超えていて、これからが期待されるソーシャルレンディングサービスです。

シェアする

フォローする