mybitwallet 口座開設

mybitwallet(マイビットウォレット)に口座開設しました。

Skrill(スクリル)やNETELLER(ネッテラー)が使えない今、mybitwallet(マイビットウォレット)は海外FXの救世主となりそうな資金移動サービスです。

1.新規登録

mybitwallet(マイビットウォレット)のホームページにアクセスし、[ 登録 ]ボタンをクリックします。

https://www.mybitwallet.com/ja/

mybitwallet 新規登録画面で必要事項を入力し、[ 次へ進む ]ボタンをクリック。

アカウントの種類を選択し、[ 続行する ]ボタンをクリック。法人アカウントも作れるようですが、今回はとりあえず個人用を作成しました。

入力内容を確認し、[ 登録する ]ボタンをクリック。

メールを送信した旨のメッセージが表示され、とりあえず新規登録は完了です。

2.必要事項の入力

登録したメールアドレス宛に、本登録のためのメールが届きます。メール本文中のURLをクリックします。

URLをクリックすると、以下の画面が表示されます。必要事項をすべて入力します。

必要事項を入力後、規約、プライバシーポリシー、セキュリティー方針に同意し、[ ご入力内容の確認 ]ボタンをクリック。

入力内容を確認し、[ 登録完了 ]ボタンをクリック。

[ mybitwalletへ ]ボタンをクリック。

[ メッセージを閉じる ]ボタンをクリック。

図のようなトップページが表示されます。

3.身分証明書のアップロード

mybitwallet(マイビットウォレット)にはセキュリティーレベルが25%ごと四段階設定されています。前述までの操作によりセキュリティーレベルが25%の状態になりました。

つぎのセキュリティーレベルへ上げるため、各種証明書をアップロードにより提出します。

mybitwallet(マイビットウォレット)へログインし、クライアントメニューから[ 設定 ]をクリックします。

図のような画面が表示されたら、「各種証明書をご登録頂いたお客様」の上の[ 登録 ]ボタンをクリック。

IDセルフィー、身分証明書、住所証明書の画像ファイルをそれぞれアップロードします。

こじかは、運転免許証の画像を身分証明書としてアップロードし、運転免許証を持った状態の自撮り写真をIDセルフィーとしてアップロードしました。住所証明書は電気料金の明細をアップロードしました。

各証明書をアップロードすると、「各種証明書をご登録頂いたお客様」の上の[ 登録 ]ボタンが[ 申請中 ]へ変わります。

「出金先銀行口座をご登録頂いたお客様」の上の[ 登録 ]ボタンを押すと、下のような画面が表示されます。先に行った各種証明書の承認が行われるまでは手続きが出来ないようです。とりあえず作業はここまでとし、完了連絡を待ちます。

第一印象

とにかく日本語のレベルが高い、高すぎます。必要事項の入力についても、例示されている日本語は正確だし、生年月日の選択肢には和暦がカッコ書きで登場します。

また、アップロードする各種証明書は運転免許証のようなベタな日本語の証明書でOKです。パスポート以外NGとか、英訳しなければならないとか、そんな面倒なことは全くありません。

FAQ(よくある質問)ページはとても充実していて、およそ疑問に思うことはほぼFAQで解決できるでしょう。もちろんすべて日本語です。

Skrill(スクリル)やNETELLER(ネッテラー)の撤退をチャンスととらえ、万全の態勢で日本人顧客を狙っているのでしょう。

Myfx MarketsXMTitanFXAxioryTraders TrustIFC Markets、Tradeview、などなど日本人に人気の海外FXブローカーが入出金に対応しているようですから、今後の充実が楽しみなサービスです。

まだ口座開設したばかりなので何とも言えませんが、これから実際に使ってみて、その使い勝手などをレビューしていきたいと思います。


2018年3月11日 追加

mybitwallet 口座開設(つづき)

シェアする

フォローする