MyFx Markets 口座開設

※ この記事は「こじかの FXリアルトレード」から移設したものです。移設に伴い、内容の一部修正することがあります。


MyFx Marketsに口座を開設してみました。

AxiTraderが日本撤退する際に、AxiTraderのサポートから盛んに乗り換え案内のあったブローカーです。様子見を決め込んでいたのですが、Pepperstone が日本撤退となり、悠長なことを言ってられなくなりました。

実際に口座開設して情報を整理してみると、MyFx MarketsはAxiTraderのホワイトラベルのようです。サーバーは一緒だし、レバレッジや日本語サポートの質なんかもAxiTraderとそっくりです。某国金融庁の魔の手から逃れるため、オーストラリアの規制が及ばない隣国ニュージーランドに別会社をつくったということでしょう。FXブローカーとして賞賛すべき経営姿勢だと思います。

肝心の約定品質は未使用につきわかりません。AxiTraderと同じサーバーなら期待も膨らみます。わざわざ隣国に別会社作ってまで抵抗する骨太な会社です。サーバーで変な操作はしないでしょう。したらしたでユーザーがブログで評価するだけです。

ブローカー概要

名称: MyFx Markets
所在地: オークランド(ニュージーランド)
登録: ニュージーランドFSP

(口座概要)
口座種別: Standard、Pro
口座通貨: JPY、USD、AUD
最低ロット: 0.01
レバレッジ: 1:400
大手IB対応: Cash Back ForexFinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)

(入出金)
入金方法: mybitwallet(マイビットウォレット)、クレカ、銀行送金
出金方法: 入金と同じ方法
クレジットカードの入金は3.2%の手数料が発生します。

(日本語対応)
日本語ウェブ: なし (ただし、ユーザーエリアは日本語)
電話サポート: あり +64(9)889 4022
メールサポート: jpsupport@myfxmarkets.com

口座開設方法

Cash Back ForexまたはFinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)にログインし、”MyFX Markets”のページから[新規口座を開く]ボタンをクリック。

[Step 1: Basic infomation]

必要事項を半角英数で記入し、[NEXT>]ボタンをクリック。次のページ(Step 2)でEmailを使った確認があるので、メールアドレスは正確に入力します。

[Step 2: Verify Email]

Step 1で入力したメールアドレス宛に Verification code が記載されたメールが届きます。それをStep 2の”E-Mail verification code:”欄に入力します。”IB Code:”欄はCash Back Forex(キャッシュバックフォレックス)経由で口座開設すると自動入力されます。それ以外のも適当な選択肢を選択し、最後にAgreementにチェックして[NEXT>]ボタンをクリック。

[Step 3: MT4 Infomation]

口座通貨、口座タイプ、レバレッジを選択し[NEXT>]ボタンをクリック。

[Step 4: Open Account Result]

この画面が表示され一旦終了です。
ユーザーエリアであるClient OfficeのAccountとパスワードが表示されます。Client Office AccountはStep 1で入力したメールアドレスとなります。同時に、メールアドレス宛にもClient OfficeのAccountとパスワードがメールで通知されます。

本人確認書類のアップロード

先のページで[upload document]ボタンをクリックするか、ホームページのClient OfficeをクリックしてClient Officeへアクセスします。

以下の画面が表示されたら、[upload Now]ボタンをクリック。

Upload Fileメニューが表示されたら、本人確認書類をアップロードします。本人確認書類は政府認証の書類のほか、住所確認書類として銀行の取引報告書などが求められます。こじかは「運転免許証」と「クレジットカード利用明細」を使いました。本人確認書類はすべて日本語でOKでした。

本人確認書類のアップロードが終了すると以下のようなメッセージが表示されます。

アップロードしたファイルのリストが表示されます。書類をアップロードしただけではステータスはPendingのままです。

取引口座の案内メール受信

上記の本人確認書類提出後、取引口座の案内が「日本語」で届きます。案内のメールには「入金出金方法.pdf」という日本語で書かれたPDFファイルが添付されてきました。

こじかのケースでは、2014/10/13(月) 18:00頃に本人確認書類を提出し、2014/10/4(火) 08:00に以下の案内を受信しました。本人確認書類提出後14時間で取引可能になりました。ニュージーランドの営業時間を考えれば、朝一番で処理してもらった感じです。平日の日中に本人確認書類を提出すればもう少し短時間で返事が来ると思われます。

題名: 【MyfxMarkets】口座開設完了のご案内
差出人: JPSupport@myfxmarkets.com
MyFX Markets の口座開設をお申し込みいただき誠にありがとうございました。MyFX Marketsの口座開設が完了いたしましたことをお知らせいたします。
また、このために貴重なお時間を割いていただき、誠にありがとうございました。
本メールに口座/ログイン詳細、銀行送金マニュアル、PDSを添付いたしましたのでご確認ください。MT4口座の詳細:
口座名:こじか
ログイン番号:******
パスワード:******
サーバー: MYFXMarkets-US03-Liveログインする際に、サーバーにうまく接続出来ない場合は、 上記のサーバーを手入力してください。(以下省略)

MT4の設定を完了させると、MT4データフォルダ内のcofigフォルダの中にサーバー名のファイル(例:MYFXMarkets-US03-Live.srv)が出来上がります。このsrvファイルにはサーバーの場所が記載されているのですが、こじかの使用するサーバーはus03-live.mt4tradeserver.comでした。mt4tradeserver.comはAxiTraderが使っているサーバーと一緒です。

シェアする

フォローする

コメント

  1. 417yukio より:

    MyFx Markets
    ニュージーランドは小国です、すぐに某国金融庁の魔の手に屈するでしょう。
    手前は、AXIをFXブローカーとして賞賛しません。
    なぜ、キプロスでなく、ニュージーランドなのでしょうか?
    (お手軽だから?)

  2. こじか より:

    Re: MyFx Markets
    417yukio様

    コメントありがとうございます。
    ニュージーランドは某国金融庁の魔の手に屈しないことを期待しています。某国とオーストラリアの関係に比べてニュージーランドとの関係は良くないように見えます。淡い期待でしょうか。

    こじか

    > ニュージーランドは小国です、すぐに某国金融庁の魔の手に屈するでしょう。
    > 手前は、AXIをFXブローカーとして賞賛しません。
    > なぜ、キプロスでなく、ニュージーランドなのでしょうか?
    > (お手軽だから?)

  3. ムスカ より:

    返事が来ない
    メールで質問しても、返事が返ってきません。
    何度か催促しても音沙汰なしです。
    難しい質問でもないのに。
    英語、日本語、どちらも返信なしです。
    最初に質問してから2週間以上たちます。
    いい加減なブローカーですね。
    トラブルがあったら無視されそうですね。
    ここは、ダメですね。

  4. こじか より:

    Re: 返事が来ない
    ムスカ様

    MyFx Marketsからメールの返信が無いとの事、心中お察しします。

    ムスカ様がMyFx Markets利用者なら、Client Office(ユーザーエリア)にログインし、画面右端に表示されている「Email Us」ボタンを押して表示される小窓からメッセージを送信してはいかがでしょうか。既に試しているのであれば余計なアドバイスでした。

    こじか

  5. nuanda より:

    金融ライセンスなし
    myfxmarketはNZのライセンス取り消されてるみたいなんですが(バーチャルオフィスのため)出金などの問題はありませんか?

  6. たろう より:

    登録国を変更しているということです

  7. こじか より:

    Re: 金融ライセンスなし
    nuanda様

    MyFxMarketsは現在The Financial Service Commission (FSC)のライセンスを取得しているようです。ニュージーランドFSPの取り消しがどういう問題になるか正直わかりません。

    今度出金する機会があればブログで報告したいと思います。

    こじか