マイクロ法人は最強の隠れ蓑

住民税でバレる副業、「ふるさと納税」で誤魔化せるか
(プレジデントオンライン 2017-2-10記事へのリンク)


副業がバレるバレない、雑誌や新聞のネタとしては定番になりつつあります。

住民税を普通徴収に切り替えるとか、いろいろな回避のテクニックがあるようです。しかし、それらは小手先の技にすぎず、根本的にはリスクを回避できていません。

本気で副業バレリスクを回避したいなら、妻を代表者としたマイクロ法人が最強の隠れ蓑だと思います。例えバレても、妻が支配し経営するという建前を論破することはできません。

シェアする

フォローする