銀行がアパートローンで「紹介手数料」を稼ぐ“無法”

銀行がアパートローンで「紹介手数料」を稼ぐ“無法”
(毎日新聞 2017-4-10記事へリンク)

しかし、ここに来て銀行業界で話題になっているのは、このパターンとは異なる。銀行が不動産所有者に対して事業を提案し、そのうえで宅建業者を紹介するパターンだ。そして、その際に「一部の銀行が宅建業者から紹介手数料を得ている」という話なのだ。

新聞イメージ貧すれば鈍する、今の金融機関に正論を吐いたところで焼け石に水。彼らとて今日の飯を食うために必死ですから何でもやりますよ。

しかし、銀行もここまでくるとブレーキの壊れたトラックを全速力で走らせているのようなもの。過去と同じ過ちを繰り返していくのでしょう。

ご愁傷さまです。

シェアする

フォローする