ゆうちょ銀の無担保融資に期待

ゆうちょ銀の個人向け無担保融資、認可へ 銀行は反発
(朝日新聞デジタル 2017-6-14記事リンク)

ゆうちょ銀行が、新規事業として政府に申請していた個人向けの無担保融資業務が認められることになった。政府の郵政民営化委員会は14日、「利用者の利便性が向上する」として、認可が相当との意見書をまとめた。ゆうちょ銀が個人向けの無担保融資を手がけるのは初めて。だが、政府の影響を残したまま無担保融資事業に参入することに、民間金融機関は反発している。


新聞イメージこじかはゆうちょ銀行のファンなので今回の無担保融資に関するアイデアを提案したいと思います。

先ず、顧客のターゲットはいつパンクするかわからないサラ金ヘビーユーザーではなく、全国津々浦々に暮らすごくごく普通のサラリーマン家庭。ゆうちょ銀行の顧客としてサラ金ヘビーユーザーは似合いませんし、そのような顧客には独自のノウハウが必要でしょうから最初から相手にしません。

次に、給与振込口座に限定して融資。給与振込実績の期間が長いほど金利が下がり、貸越枠も段階的に広げます。例えば、毎月の給与が40万円で、ボーナス時に100万円の給与振込がある顧客が10年以上給与口座に指定しているなら、50万円などショボいこと言わずに200万円程度の貸越枠を設定しても問題ないでしょう。

当然金利も地銀やネット銀行の下をくぐる1%~2%。ゆうちょ銀行がこんな口座貸越サービスを全国ネットで開始したら地銀とかマジで怒りそうですね。

シェアする

フォローする