民泊、スマートロックに期待

大手も乗り出す「民泊ビジネス」鍵はテクノロジー
管理の煩雑さを軽減させる製品・サービス利用で効率化
(IoTToday 2017-8-2記事リンク)

そこで期待されているのがIoTの活用である。スマートロックと呼ばれる製品は物理的な鍵は存在せず、スマートフォンアプリで開錠・施錠ができる。これを使えば、物理的な鍵を紛失することもなく、受け渡しもスムーズに行うことが可能だ。

これから新規で建築される民泊向け物件であれば、こうしたスマートロックは標準装備となっていくだろう。しかし、既存物件への後付けができる製品も多いのがスマートロックの特徴だ。

また、デジタルで管理するスマートロックならではのメリットもある。例えば、後付けも可能なスマートロック「Akerun(アケルン)」は、鍵の受け渡しだけではなく、入退室の管理まで一括管理が可能。解錠・施錠した時間がオーナーのスマートフォンに通知されるので、宿泊客の入退室状況を簡単に把握できるのだ。(引用終了)

新聞イメージ民泊において物理的なカギの受け渡しは非常に悩ましい問題です。一戸建てを丸ごと民泊物件として貸し出す場合、外カギをダイヤル式またはプッシュ式の南京錠にすれば、物理的なカギは不要となり、宿泊者へ暗証番号を伝えるだけで済みます。

これに対してマンションやアパートを貸し出す場合、ダイヤル式のキーボックスを利用すれば、宿泊者に直接カギを渡すことなく扉の開閉が可能です。ただしその場合、宿泊者がカギをキーボックスに返し忘れたり、紛失するリスクが高まります。

そのような場合、リンク先の記事のようなスマートロックを使えば鍵の紛失リスクはなくなります。電池切れの通知など、きめ細かな機能やノウハウが蓄積していけば、スマートロックが実用品として普及していくのでしょう。

民泊法案が可決されたことですし(2017-7-11記事 民泊新法を読んでみた)、スマートロックに限らず、民泊関連の新サービスにも注目していこうと思います。

シェアする

フォローする