FX自動売買2017年10月

各種EAをMT4口座で稼働させたFXの自動売買結果です。集計は月単位、すべてリアル口座によるリアルマネーの運用です。デモ口座ではありません。

トータル 6,584円の損失、-1.2%の利回りで着地となりました。24時間型のSteady Winner 4.22だけがプラスとなったものの、朝型のHAWK、Wallstreet ASIA、24時間型のWallStreet Forex Robotはマイナスとなりました。

今月EXNESSを運用口座から外しました。新たに、AvaTrade JapanとFXTF(FXトレード・フィナンシャル)の口座での運用を開始しました。ともに朝方EAでの運用です。

なお、外為ファイネストOANDA Japanの口座は、マイクロ法人名義の法人口座での運用となります。つまり、法人事業としてのFX自動売買です。

今月のMVP

今月の月間MVPは該当なしです。

EAごとの結果

EA 売買損益 Lot数 利回り※
HAWK -869円 0.24 -0.4%
Wallstreet ASIA 1.3 -2,585円 0.24 -1.1%
WallStreet Forex Robot -5,039円 0.03 -16.8%
Steady Winner 4.22 1,909円 0.04 4.8%
合 計 -6,584円 0.55 -1.2%

※ 証拠金10万円に対し、1万通貨(0.1Lot)で1ヶ月運用した場合の利回り

主要EAの口座ごとの結果

WallStreet Forex Robot Steady Winner 4.22
MyFx Markets -1,470円 (一時休止)
外為ファイネスト -1,250円 1,169円
OCTA FX (休止) (休止)
Titan FX (休止)
OANDA Japan -2,319円 740円
EXNESS (休止)
合 計 -5,039円 1,909円

HAWK

これまで運用してきたOCTA FX、OANDA Japan(法人口座)、外為ファイネスト(法人口座)の3口座に加えて、Titan FXAvaTrade Japan、FXTF(FXトレード・フィナンシャル)の3口座を追加し、合計6口座で稼動。通貨ペアはGBPUSDのみ。USDCHF、USDJPYは止めています。トレード数は10回。口座単位では外為ファイネスト(法人口座)やOCTA FXがプラスだったものの、ストップとなる取引が一度あり、その影響で6口座のトータルではマイナス着地となりました。

Wallstreet ASIA 1.3

先月まで稼働させていたOCTA FXの口座は停止しました。MyFx Markets、外為ファイネスト(法人口座)、OANDA Japan(法人口座)の3口座に加えて、Titan FXAvaTrade Japan、FXTF(FXトレード・フィナンシャル)の3口座を追加し、合計6口座で稼動。通貨ペアはGBPUSD、GBPCAD、USDJPY。トレード数は10回。外為ファイネスト(法人口座)を筆頭に、口座単位ではプラスのものもあったのですが、ストップとなる取引が一度あり、その影響で6口座のトータルではマイナス着地となりました。

前述のHAWKといい、このAsiaといい、ロットを上げたとたんに損失を発生させました。経験的にロットを上げた初回の月はマイナスが多いように思います。悪いジンクスは当たるものですね。

WallStreet Forex Robot

今月からOCTA FX、EXNESSの2口座を外し、MyFx Markets、外為ファイネスト(法人口座)、OANDA Japan(法人口座)の3口座で稼動させました。通貨ペアはGBP/USDとEUR/USDの二つ。トレード数は24回。負けトレードが頻発し、すべての口座でマイナス着地となりました。口座を一つ外していたため、その分損失は少なくて済みました。

Steady Winner 4.22

外為ファイネスト(法人口座)、OANDA Japan(法人口座)の2口座で稼動。MyFx Markets、OCTA FX、Titan FXの三口座の稼働は一時中止にしています。通貨ペアはEUR/USDのみ。トレード数は24回。両口座でプラスとなしました。安定したトレードで、今年初めての二カ月連続勝利です。このままの勢いで今年を終えたいものです。来月も期待しましょう。

シェアする

フォローする