FX自動売買2018年7月

今月はトータル -6,933円の損失、-3.5%の利回りで着地となりました。朝方のHAWKとWallstreet ASIA、そして24時間型のWallStreet Forex Robotが利益を出したものの、24時間型のSteady Winnerが大きな損失を出し、トータルでもマイナスとなりました。

各種EAをMT4口座で稼働させたFXの自動売買結果です。集計は月単位、すべてリアル口座によるリアルマネーの運用です。デモ口座ではありません。

なお、外為ファイネストOANDA Japanの口座は、マイクロ法人名義の法人口座での運用となります。つまり、法人事業としてのFX自動売買です。

今月のMVP

今月の月間MVPは該当なしです。

EAごとの結果

EA 売買損益 Lot数 利回り※
HAWK 809円 0.04 2.0%
Wallstreet ASIA 1.3 1,882円 0.06 3.1%
WallStreet Forex Robot 281円 0.01 2.8%
Steady Winner 4.22 -9,905円 0.09 -11.0%
合 計 -6,933円 0.20 -3.5%

※ 証拠金10万円に対し、1万通貨(0.1Lot)で1ヶ月運用した場合の利回り

主要EAの口座ごとの結果

WallStreet Forex Robot Steady Winner 4.22
MyFx Markets (一時休止) -2,366円
外為ファイネスト 281円 -3,111円
Titan FX -2,321円
OANDA Japan (一時休止) -2,107円
合 計 281円 -9,905円

HAWK

外為ファイネスト(法人口座)、OANDA Japan(法人口座)、合計2口座で稼動。通貨ペアはGBPUSDのみ。USDCHF、USDJPYは止めています。トレード数は9回。このところプラスとマイナスを交互に繰り返す展開です。もう少し様子を見ましょう。

Wallstreet ASIA 1.3

MyFx Markets、外為ファイネスト(法人口座)、OANDA Japan(法人口座)、合計3口座で稼動。通貨ペアはGBPUSD、GBPCAD、USDJPY。トレード数は7回。すべての口座でプラスとなりました。こちらもプラスとマイナスを交互に繰り返す展開です。次月に期待しましょう。

WallStreet Forex Robot

外為ファイネスト(法人口座)、の口座で稼動させました。MyFx MarketsとOANDA Japan(法人口座)は運用を停止。通貨ペアはGBP/USDとEUR/USDの二つ。トレード数は15回。プラス着地でそれなりの結果を出しましたが、これまでの不調を考慮してしばらく1口座での運用にします。

Steady Winner 4.22

外為ファイネスト(法人口座)、OANDA Japan(法人口座)、MyFx Markets、Titan FXの4口座で稼動させました。通貨ペアはEUR/USDのみ。トレード数は22回。二カ月連続すべての口座でマイナスを喫しました。しかも先月よりもマイナスの大きさが拡大しています。

シェアする

フォローする