FX専用VPS利用手順

2017年6月18日の記事の通り(使えるネットFX専用VPS契約しました)、6月恒例の決算特別キャンペーンを利用して、今年も使えるねっとFX専用VPSを契約しました。これまでとは違い、今年はマイクロ法人としての契約です。

今日は、契約したFX専用VPSを実際に利用するまでの手順を記事にしてみたいと思います。使えるねっとのコントロールパネルはバタ臭いというか、あちゃらっぽい感じがして、初めて利用した時は戸惑った記憶があります。とはいえ一度設定が完了すればVPSはワンクリックで起動します。他社のVPSと何ら変わりありません。

「最大半額」キャンペーンは6月30日の17:00に終了します。キャンペーン終了まで残り1週間となりました。年に一度のビッグチャンスをお見逃しなく。

契約概要

アカウントタイプ: 法人(マイクロ法人として契約)
契約プラン: Cloud VPS Windows FX シルバー SSD
メモリー: 2GB
設置場所: 国内
契約期間: 1年
契約単価: 1,490円 (月額)
合計金額: 17,880円 (税抜)

利用手順

使えるねっとのWebサイトからコントロールパネルにログインします。ログイン名とパスワードは契約時に入力したものです。(2017-6-18記事:使えるねっとFX専用VPS契約しました
正常にログインするとホーム画面が表示されます。
VPSタブをクリックし、VPS画面を表示します。[パスワードの設定]リンクをクリック。
VPSにアクセスするためのパスワードを入力し、[送信]ボタンをクリック。
VPS画面に戻り、[ネットワーク設定]リンクをクリック。
VPSのIPアドレスを確認できます。
Windowsならリモートデスクトップ接続でVPSへ接続できます。コンピューター(C):には先に確認したIPアドレスを入力。ユーザー名はAdministrator、接続時に求められるパスワードは前述のパスワードを入力します。

インプレッション

FX専用VPS(2GB)で何もアプリケーションを起動していない時のメモリー状況です。700MB(35%)程度メモリーを消費しています。
MT4 10本(チャート55枚)起動した時の状況です。メモリーを1.4GB(70%)ほど消費しています。シルバープラン(2GB)ですと、このあたりが実用としては限界と思われます。

シェアする

フォローする