Wallstreet AsiaでGBPCADが凄い事に

2017年6月9日早朝、Wallstreet AsiaのGBPCADで凄い事が起きました。なにが起きたかはチャートを見ての通りです。崖の上でショートポジションを取り、断崖絶壁の谷底で250pips超えで決済となりました。

Wallstreet Asiaはその名の通りアジアンタイムに取引するスキャルピングタイプのEAです。 人気EAのWallStreet Forex Robotを購入するとボーナスで付属していました。GBPCADというマイナー通貨での成績が良く、こじかのお気に入りEAです。

今回はエントリー時間を間違えたのか、見事に崖からダイブする格好となりました。通常Wallstreet AsiaはGBPCADでは100pipあたりで利食いするようなのですが、256pipでの決済となりました。

たまたま利益が出る方向にエントリーできたからよかったようなものの、逆方向にエントリーしていたら大変です。通常30~40pipでロスカットするようにパラメーターを設定しているチキンなこじかにとって、250pipのロスはかなりの痛手になったでしょう。

シェアする

フォローする